« 【久留里線】 色なき風。 | トップページ | 銚子電鉄にエールを送る。 »

2018年9月24日 (月)

【京葉臨海鉄道】 a muggy day.

本日はとにかく蒸し蒸しと不快指数の高い日でした。

2018_0924_00

8681レ:  KD601(2) + タキ20車


8178レのタキ返空は無かったようで蘇我からは単機でのお戻り。

2018_0924_01

単8178レ:  KD601(1)


8685レは荷(タキ)が無く、1091レのコキお迎えだけですね。

2018_0924_02

単8685レ:  KD601(2)



鉄道と絡められる位置に咲いていませんでした・・・orz.

2018_0924_03




閑話休題、某社の "Z" と "R" について触れてきた率直な感想(今回はAFのみ)。

発売と同時に用意されるネイティブマウントレンズのラインアップが不十分なので、
必然的にマウントアダプター経由での従来DSLR用レンズの使用が多くなるわけですが、
思った通りAFが遅い = 最初のピント食いつきまでの時間が長く感じました。
これはSONYでの "LA-EA3 + Aマウントレンズ" でも全く同じことが言えますが、
所詮アダプターはアダプターなわけでして、代替策の域を出ないでしょう。

三脚にのっけて置きピン + レリーズとか、風景写真などではあまり問題には
ならないのでしょうが、手持ちでさくっと構図を決めてAF起動パシャっとリズミカルな
撮影スタイルの人にはややストレスを感じるのが正直なところ。
自分がよく使う焦点域のネイティブマウントレンズが全て出揃うまでは、
あわてて買う必要もないのではと思ったりします。
しかもネイティブマウントレンズであっても、現状のDSLR (例: 5DMK4、D850など) より
AFは遅く感じられるので、今後のファームアップでの対応などに期待ってところですかね。

以上、あくまで個人の感想です。


本日の更新は以上です。



(すべてクリックして拡大)


当ブログ(記事)に掲載の写真・文章などの複製、無断転載を禁じます

**3つの鉄道ブログに参加しています**
**以下のバナーをクリック頂けると励みになります**

Photo_2

Railroad_kanto88_31

Railroad88_31_2

« 【久留里線】 色なき風。 | トップページ | 銚子電鉄にエールを送る。 »

鉄道写真」カテゴリの記事

貨物列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【久留里線】 色なき風。 | トップページ | 銚子電鉄にエールを送る。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ